スタッフブログ

2014.03.11更新

2014年1月27日(月)


みなさま、こんにちは

SPIC Salon Dentaire金沢文庫の新倉です

昨日は春のような暖かい午前中を過ごしましたが

夜になったら寒くて寒くて・・・

今朝の冷え込みも厳しかったですけど

午後からはまた風もおさまって穏やかで過ごしやすい陽気です

昨日は午後出かけていたのですが気がつくと

空が暗くなって雨が降ってきたと思ったら

少しですが雪が降ってきてビックリしました

午前中は暖かく、午後は雨に雪、そして夜は厳しい冷え込みと

盛りだくさんの一日でしたね

気温の急激な変化のせいなのか今日は朝から頭痛がします

ズッキズッキ不規則に痛くなるいやーな感じ

早くおさまるといいのですが・・・



今日は午後からオペでした

オペの日は午前中の診療が終わるとすぐに

オペの準備に取り掛かります

オペにはたくさんの機材や材料が必要になりますので

手際良く進めるために、また先生が仕事をしやすいようにセッティングすることも

大事な準備の一つです

少し前から先生は「フィブリノーゲン」に着目していました

フィブリノーゲンとは血液の中にある傷を治す成分を凝縮したゲル状のもので

これを使うことにより腫れや痛みを抑えることができるとのこと

最初に患者様自身から採血する必要があるのですが

ご自分の血液から出来るものなので感染などの危険性が少ない

安心、安全ですよね

また、血液の成分だけでできているので薬剤なども使わないですから

副作用がないという利点もあります

まだ、ピンときてないですね??

血液を遠心分離機(専用のもので通常の分離器とは異なる)にかけると

傷を治す成分を凝縮させたゲル状のものができます

これを「フィブリン」といいます

見た目は・・・ドロッとしてます

色はクリーム色に近いかな

例えば怪我をして血管が破れたときに、その穴を埋める役目がフィブリンです

通常はその治癒組織ができるのに4~5日程かかりますが

この専用の機械で15分ほどでできあがります

これを薄い膜にして傷口にペタッとはりつけるというわけです

口の中には「かさぶた」ができませんので

かさぶたの替わりをあらかじめ作っておくと言えばわかりやすいかもしれません

かさぶたになると傷口は痛くないですもんね

すごい画期的だな~

実際この処置をした方の次の日の痛み具合は

ビックリするほどないですもんね

技術は日々進歩していくのですね

またいろいろ紹介してみたいと思います



ではまた明日

 

投稿者: 山口歯科パークタウン診療所

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、横浜市にある山口歯科パークタウン診療所まで、
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_045-781-4414.png
staff staff blog